アクセス解析
レンタル掲示板
恵子 | たけしのクイズパンチ

たけしのクイズパンチ

付設 : 脇屋恵子の日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ナイツのTBSラジオ番組がクイズ大会に乱入し、グランドスラムを祝う!

JUGEMテーマ:日記・一般

 

責任書き

本日(もう一昨日)、クイズ大会「御一行オープン(仮)」(→メンバー3〜9人のチーム戦)に
チーム名「グランドスラム」として参加したの。

そしたら、なんとこのクイズ大会の真っ最中に、

TBSラジオの『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(生放送)

が突如乱入!

→グランドスラムサークルメンバーの安藤さんの携帯に着信が入り、

「会長、電話です!」と私に声をかける。 (え、大会開催中よ?)

ええええと思い電話に出てみると

「ケイコさんグランドスラム結成24周年おめでとうございます!」

と突然ナイツさんの声が。

ええええええ!!

どういうことかというと、

安藤さんが、

番組の「11月12日付近で記念日がある人を募集」に応募したとのこと。

安藤さんは番組に
「グランドスラム24周年(11/14)」
「会長夫妻の結婚(式)記念日(11/13)」

その他諸々PRしたそう。

で、私に対するサプライズ企画としてそのネタが採用されたとのこと。

そんなこんながあったのだけど、

寛大な心。そして柔軟な対応をして下さった「御一行オープン(仮)」のスタッフのみなさま、
大会参加者のみなさま、本当に有難うございました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

今回のこの日記は、
安藤さんのグランドスラムの記念日を祝ってくれた
お気持ちを尊重して書かせて頂きました。

安藤さん、ありがとう。

『ナイツのちゃきちゃき大放送』公式HPに掲載された
「御一行オープン(仮)」大会集合写真をUPさせて頂いたところでおやすみなさい。

★あ、11月20日(日)は「クイズフェスティバル。in東大宮」よ!
エントリーまだの人はよろしくお願いね!

掲示板
(決勝・田中健一氏までの企画PR出揃っています)

http://6221.teacup.com/quizfes/bbs
エントリーフォーム
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 02:00 | comments(0) | - |
『LOCK OUT!♯5』で私に何が起こったか
今回は、先日につぶやきで宣伝していた

2月21日(土)19時〜生放送の、

ニコニコチャンネル『LOCK OUT!♯5』の参戦記。

『LOCK OUT!』とは、ニコニコチャンネルのガチンコクイズ番組。シンプルな早押しクイズよ。
一問でも間違えると失格!の厳しい戦い。

http://ch.nicovideo.jp/quizlivech/blomaga


わあああ。

この♯5、参加者がどんだけサークル感なのよ。

なにせグランドスラム(私が運営しているクイズサークル)の中から

3人も出場しているのよ(参加者16名中)。

番組主催者の一人である、ますだて君にも言われたわ。

今後は、グランドスラムメンバーが応募するときは
会長命令で出場時期をずらすようにと(^^)。

そうよねー。


ところで本題。

クイズ番組に応募する場合、強豪が出場し尽くしたころにこっそり応募しよう!
と目論むこともあるわよね。

私もそう思っていたので、去年の12月から配信開始されていた番組ではあったけど、

すぐには応募せずに様子を見ていたのよ。

だけど、そうこうするうちにリベンジ組(再度)の出場も出来ると聞いて、

それじゃあ、今後、強豪(強豪なのに散って行った人はたくさんいらっしゃる。一ばつ失格なので)

がリベンジでわらわらと登場してくる可能性大じゃないの!

今後も強豪わらわら。

だったら出場時期を見計らったって意味がない。

とっとと出場して、

ダメだったら私も二度目の出場を目指したたほうがエエんでないかいと思ったの。


♯5も過去の回に劣らず強豪ぞろい。

中でも、なんでここにバーン君(クイズ界の知る人ぞ知る強豪)が来るの!!
(あ、でも、バーン君の勤務先の八丈島の方々も喜んで下さっていたようなのでめでたしめでたしね)。

だけど、私は出場者が強豪だったから勝てなかったのではないと思っているのよね。

敗因は・・・

(知識が無くて、と言う理由は当たり前だけど、その他に)

緊張感がなさ過ぎた!!!

これに尽きるわ。


待合室は和気あいあい。

私は最終組(対戦は4人×4対戦=出場者16人)。

対戦相手の3人は一緒にクイズをしたことがある知り合いも知り合い(バーン君含む)。


全然緊張出来なかった。

やっぱり、適度の緊張は必要だと痛感したわ。

スタジオ内は、
もしかしたらピリピリと緊張感が漂う空間だったのかもしれないけど、

私はいつもの例会モードで、向かい側のまよちゃんさんが首からぶらさげていた
賢押杯のネームプレートを眺めていたわ。

赤の席のM君は去年のクイズイベントで優勝しているのに、
10年前のアタック25出場からクイズは止まっている、と老獪な(?)自己紹介。

そして、クイズ。

私は緊張はしていなかったけど、自信がなくて押せなかったり押し負けたりが続いて、
一人で0点。

ここでも、かつて0点からまくった人もいるし・・・と焦ってはいなかったのよね。

そしてバーン君にとってはTBS「天」 (←〜2002年〜山口達也氏が仕切るサークル対抗のクイズ番組)
で因縁の<オルセー美術館>を正解し、
ますますホッとしてしまったのがいけなかったのね。

ついつい図に乗って"比較的"得意な書き出し問題に反応してしまったのが運の尽き。

緊張していたらもっと慎重になって、たとえ得意な書き出し問題でも、
(得意だからこそ)あ、この書き出しは自分が苦手な書き出しだ。
と判断して押すべきではなかったのよ

(まだまだ"書き出しが得意"だなんて言える立場ではないわね^^;)。

とにかく、今回は周りの(アットホームな)雰囲気に負けてしまったというところかしら。


どんな場所であろうとも、どんな雰囲気であろうとも、
周りに左右されずにクイズをしなければならない、ということを学んだわ(今さらか)。


今回、応援して下さった方が何名いらっしゃったかわからないけど、

早々の退出で本当に申し訳なかったわ。

でも、私としては、納得のいく押しが出来て
(まさしく「天4」〜2011年〜でバーン君にことごとく押し勝った押し)、
悔いはないの。

押せたは良いけど、
答えが出てこなかっただけなんだから〜〜〜〜〜っ!!!(「天4」のときも)

悔いはないけど悔しいーーーーーーーーー。
自分のバカバカ。

リベンジのチャンスがあるなら、そのときは

例え、対戦相手がお笑い芸人で、周りを笑わせるような雰囲気だったとしても

緊張感を持って挑むわよ〜。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クイズLIVEチャンネル @quizlivech  

LOCK OUT!」
3月の挑戦者募集中です! 7日(土)と15日(日)、どちらも19時から生放送です。 
勝者には豪華賞品とチャンピオン大会への出場権が付与されます。 
お気軽にお申し込み下さい!(締め切りは25日まで) 

JUGEMテーマ:日記・一般



 
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 17:16 | comments(0) | - |
地下クイズ王新年会
今さらながら、1月4日に新宿で集まった「地下クイズ王新年会」のご報告。





・・・"地下クイズ王"をご存じない方へ。

「地下クイズ王決定戦」。
スカパー「BAZOOKA!!!」という番組の一企画。

現在第3回まで放送。YouTubeで絶賛配信中!


以下、番組ネタばれ有り↓





「地下クイズ王新年会」、

参加者は

★三連覇を果たしたラガー (←渡辺徹くん、というよりもしっくりくるわよねー)

奥様よりも料理上手とのこと!

★第2回、第3回で準優勝のAV男優、しみけんさん

小学生のこからクイズをしている、元クイズ研究会出身者(お母様もクイズサークルにご参加)!

★人気ブロガーで作家の、はあちゅう(伊藤春香)さん

先日、『半径5メートルの野望』を出版。林真理子氏からも絶賛されています。

★第3回で初登場の、彫り師!のHAYATOさん

番組は毎回観ているという「BAZOOKA!!!」の大ファン。

★『QUIZ JAPAN』取材のお二方。




●はあちゅうさんがご自身のブログでUPして下さった写真●




なかなか知り合えない方々との濃い新年会となったわ!

 
JUGEMテーマ:日記・一般
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 01:23 | comments(0) | - |
『刑事コロンボ』で勝負!9月14日、「カルトQまつり」に参加。
JUGEMテーマ:日記・一般


恵子です。いややや、

1年以上もココの日記を放置。

私もタケ坊(たけし)も、何かあればmixiでつぶやくようになってしまったからね。
今回は私のmixi日記から引用してみるわ!


 
突然ですが「第6回カルトQまつり」に参加したの。

〜ちなみに「カルトQまつり」 、私が過去に参加したテーマは『古畑任三郎』(筆記4位)。


今回参加したのは『刑事コロンボ』。




〜「カルトQまつり」というのは、最初にいくつかのテーマが候補に上がるのだけど、

事前エントリーの数が少ないテーマはボツとなるのよ。〜


で、当初、『刑事コロンボ』は「カルトQまつり」の出題テーマとして候補にあったのだけど、

"コロンボは参加者が少ないから最終的にはボツになるテーマだよ"
という噂を耳にしていたのよね。


なので「カルトQまつり」のHPはずっと見ていなかったの。


だけど或る日、何とはなしに

"そういえば『刑事コロンボ』は結局どうなったのかな

(「カルトQまつり」の出題テーマに選ばれたのかなどうかな?)"

と、HPを見てみたら、なんと、しっかり出題テーマに選ばれているじゃないの!

私がHPを見た時点で、

もう一か月も前にエントリーが開始されていたようで、すっかり出遅れよ!!

ライバルさんたちは準備万端よね!

私といえば本番まであと一か月と4日しかないーーーーっ!!!状態。


でもって、あの人やらこの人やらコロンボ好きの強豪が参加するという噂を聞き、

"あーあ、終わった・・・"と思ったのだけど、

大好きなコロンボなのだから、クイズの勝負は関係なしに、

作品鑑賞を楽しもう、と考えを新たにしたのよ。

で、元々持っていた<旧作>DVDを見返すのと同時に、

今まで観たことの無かった<新作>ブルーレイをにわか購入。


〜コロンボは<旧作>45作品と、<新作>24作品がある〜


で、全69作品があるのだけど、

ここで深刻な問題が。

これまで、私がまともに観たことがあるのは69作品中、20作品にも満たないことが判明し愕然。

私って結構薄かったんだ・・・(コロンボに対して)。


また、私が一冊も読んだことの無い、ノベライズ作品からも出題されるということで、
コロンボ書籍をアマゾンで購入出来るだけ購入
(しかし購入しただけで満足し、結局読んでない
・・・と言うか、読むヒマ無い)!


ともかく、ライバルのみなさんに一か月以上も遅れを取った以上

(しかも一度も観たことのない作品が大半というハンデキャップを負う)、

とにかく観まくるしかないわ!!!と家にいる間はDVDとブルーレイを観まくったのよ。

しかし一応、昼間は普通に仕事行ってる(+副業アリ)ので、
全作品をじっくり観る時間はなかったわ・・・。

だから「カルトQまつり」当日を迎え、全然自信が無かったのだけど、


フタを開けてみるとなんとなんとなんと筆記一位!私がよ?

努力は報われるのだわ〜と思ったわ。

タケ坊(←主人)も巻き込んでやっつけ対策した甲斐があったわね。

タケ坊、有難う。


そしてなんとなんとなんとなんと、

本選では2位の70点を引き離し、150点獲得で優勝!!私がよ?

(2位のO君は『古畑任三郎』の優勝者)


祝勝会はタケ坊と、
今回テーマ『あまちゃん』を担当した山本さんの三人で

乾杯!


タケ坊と山本さんのつぶやきのおかげで
お祝いのメールも頂きました。
有難うございます!



★以下、私が正解した答え

〜ご興味のある方はどうぞ

問題文を想像してみて下さい〜

<10点問題>

●オープニング問題

・「黒のエチュード」

・「小池朝雄」

●中級問題

・「攻撃命令」「闘牛士の栄光」

・「マイケル・ラリー」(N君の誤答を拾い)

・「パイルD-3の壁」

・「(レオ・)ペン」

●画像カルトクイズ

・「忘れられたスター」 (ここまでで70点獲得)

●セリフカルトクイズ

正解出来ず


●超カルトクイズ<ここから20点問題>

・「大当たりの死」

・「シーパレス号」(O君の誤答を拾い)

・「044APD」

・「はめ絵」!!(ウイニングアンサー!!)(O君の誤答を拾い)


 
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 12:10 | comments(0) | - |
「賢押杯2013」とBSスカパー!「第2回地下クイズ王決定戦」
 恵子です。

タケ坊(たけし)がしみけんさんのファンになりました。



6月29日(土)はオンラインクイズゲーマーによるクイズ大会、
「賢押杯2013」が蒲田で開催されました。

今回の参加者は225名と聞いてます。

「賢押杯」、
私は2009年くらいから
受付・会計のスタッフとして微力ながら
参加させて頂いていますので、
毎回、熱い戦いのドラマを見させてもらっています。

今回、衝撃的だったのは・・・

決勝まで進んだ<<<最強の初心者>>>
(このキャッチフレーズもナイス!)が現れたこと!!

その方はコスプレイヤー(男性)、五十音ことはさん。

今回、私は「盃」(飲み会)の受付&会計担当。

ことはさんが飲み会に参加するかどうか迷い、
まつげを震わせていた姿が忘れられません。

ところで「盃」の参加者は187名!

大量の紙幣を操り、無事、会計の任務を終えて(私自身は「盃」参加せず)、

タケ坊とぐったりの帰宅途中、

『第2回地下クイズ王』がYouTubeにアップされたことを知る。

・・・ぐったりがびっくりに・・・


"番組が終わってブログでごちゃごちゃ言う"
のはよろしくないので(by小籔さん)、

簡潔に。

●『第2回地下クイズ王決定戦』に出場してびっくりしたこと,鉢

 
しみけんさんが私のことをご存じだった
(高校生の時に私をテレビで見ていたとのこと)。

さらにしみけんさん、
1998年のTBS『おサイフいっぱいクイズQQQのQ』(←私とタケ坊が一緒に出場した)
に出場とのこと。
三か月で打ち切りになった番組に出場されていたとは恐るべし。


!!
スタジオ収録の帰りのタクシーで、
運転手さんからサインを求められた(サインをするのは本当に久しぶり!)。

夜で薄暗い車内だったので最初、

「モデルさんですか」

と聞かれ

「(んなバカな)クイズ番組の収録です」

と答えたら

運転手さん、クイズ番組が好きとのことで、

「どんな問題が出たんですか!!」

と切り込まれ、まさか当日の問題は言えないので
番組の趣旨を説明し、第1回で出題された問題を少し披露。

真剣に答えを考えていらっしゃったわね。

・・・1時間の帰路があっという間だったわ。


●あ〜あと、紹介VTRの時はノーメイクでした。失礼いたしました。

●ところでロス疑惑の現場、実は行ったことがあるのよ。

●楽しい収録でした!関係者のみなさまありがとうございました!!



BAZOOKA!!!『第2回地下クイズ王決定戦』

http://www.youtube.com/watch?v=GOK8_63kPyU
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 20:45 | comments(0) | - |
『埼玉クイズ王決定戦in長瀞』で心臓に悪い感動
恵子です。

2/17、『埼玉クイズ王決定戦』長瀞予選に参加してきました。













1/27「さいたまスタジアム2002」
2/3「所沢航空記念公園」と行われてきた
『埼玉クイズ王決定戦』の予選も、

2/17「長瀞(宝登山神社)」で最後です。

各予選会場で、
3月20日に行われる大宮ソニックシティでの
決勝戦へ進めるのは3チーム(計9チーム)。

この「長瀞(宝登山神社)」からも
3チームが勝ち残ることになります(1チーム=3人)。

長瀞予選は78チーム(!)の応募があったと聞いていますが、
実際の参加チーム数は知りません。

予選の形式は、
・まず参加者全体で○×クイズを行い、20チームを選ぶ
・20チームで三択クイズを行い、6チームまで絞る
・6チームを二つに分け(仮にA組・B組とする)、3チームずつで早押しクイズ
・早押しクイズでA組・B組から各1チームが勝ち抜け、
2チームの決勝進出が決定
・ここまで負けたチームで敗者復活、敗者復活から1チームが勝ち抜け

計3チームが勝ち抜け

と、そんな感じ。

私はタケ坊と養母さんとチームを作ったのだけど、
その養母さんが応募した三日後に急逝・・・。

そこで「グランドスラム」発足当時からのメンバー、M野君が
急遽、参加してくれることに。
タケ坊とともに何の遠慮もいらない21年来の仲間です。



辛いことがあった後、心が空虚な時間が長く続き、
埼玉クイズ対策もなかなか(というか全然)出来なかったけれど、
2月に入ってから少しずつ勉強し出しました。

・・・・ここから文体が変わるけど気にしないで下さい・・・・

まずは○×対策よ。

三択や早押しは、何問か間違えても許されるけど、
○×はそうはいかない。
下手をしたら1問、2問のミスで終了〜〜、よ。

○×を通過しないことにはお話にならない。

●なので○×対策だけひたすらしたわ。

その甲斐あって、長瀞○×第1問目は

"私が出題者だったらこの問題を○×の1問目に出題する!"

と思っていた問題がズバリ出たの!

はっきり言って、
それだけで充実感に浸り、あとはもうどうでもいいくらい嬉しかった。
メンバーも大喜びよ。

この問題は正解を選んだチームが少なくて、
もしかしてこれで勝ち抜けられる?!

と思いきや、甘かった。
25チームほどが正解していたので第2問目へ突入。

第2問目も、どこかで聞いたことがあるような・・・?
多分大丈夫だろう。
自信はなかったけど、これも少数派だった○を選んだ。

しかししかし。タケ坊もM野君も、
「×へ行っとけばたとえ不正解でもまだチャンスあるよ」
と声を揃えて言う。

そんな弱腰でどうするの?
いいや、大丈夫(と、思う)、私を信じて付いてきて!

そして幸運の女神は私達に微笑んだ!
ここでチーム「グランドスラム」○×勝ち抜け決定!!!

正解チームがまた少なかったのでその後も○×クイズは続く・・・。

●さて、いよいよ三択クイズ。
正直、前日までは○×クイズさえクリア出来ればなんとかなると思っていたのだけど・・・。

ここへ来て、
しまった!!○×に特化した対策ばかりしていたので
(しかも短期間での無理やり詰め込み)、
三択のような細やかな知識が求められる問題となるとダメじゃん

・・・ということに気が付いた。

他の二人も、特段対策をしていたわけではなく
(埼玉クイズは私が勝手に誘っただけだし、ごめんね)。


これはもう埼玉県を愛し入念に対策をした
(または素で埼玉に詳しい)
非・クイズプレイヤーの人にかなわないことはもちろん、
入念に対策をしたクイズプレイヤーにはもっとかなうはずもない。

私が知る限り、クイズプレイヤー擁するチームで
三択まで勝ち残ったのは私たち以外に2チーム。
その2チームはマッハで15問先取の三択クイズを突破し
早押しクイズまで駒を進めた。

私たちがやっと15問にたどり着いた時には、
同時に他の2チームも15問に到達し、3チームでのサバイバルに。

早押しクイズまで進むことが出来る席はあと一つ。

みなさん、よく勉強していらっしゃるようだし、
カン頼りでここまで来た私としては
正直もうここまでか、と思ったわ。

でも、ここからびっくり仰天の展開が。

▲サバイバル1問目、3チームとも同じ答えで決着付かず。
観客の皆様「オー!」
(もういい、三択わからない。早く終わって)

▲サバイバル2問目、これまた3チームとも同じ答えで決着付かず 
観客の皆様「オオー!」
(悪かった。○×対策しかしていなかった私が悪かった)

▲サバイバル3問目、
司会のにゃんたぶう・たくまんさん

「△鉢で答えが分かれたぁ〜!!」「オオオー!」

(ああ、これで楽になれる・・・
カンなんてそうそう当たり続けることなんて無理)

→→→能勢さん「正解は,任后」  観客の皆様「オオオオー!」
(心臓が、心臓が・・・)

▲サバイバル4問目、
(なんと、なんとなんとここでサバイバル問題、初めてわかる問題が!!
自信を持っての札を思い切り高く上げた。

・・・ああ、でもこれは他のチームも正解しているだろうな・・・)

ところが信じられないことに・・・!!

たくまんさん「 ↓◆↓、答えが三つに分かれたぁ〜!!」

「オオオオオー!」





(え、早押しクイズに行けるの、私達・・・

メンバー二人を背負い、
人生の内でこんなにも三択札を上げたことが嬉しかった一瞬はないわ)









●そして最終関門の早押しクイズ。5点先取、誤答は1回休み。




私達「グランドスラム」はB組。

ははははは。

・・・「ウルトラクイズ優勝」「ミリオネア1000万」「アタック25優勝」の経歴を持つお三方が組むチームと戦うことに・・・。

ただでさえ○×の対策だけに命をかけていたようないなかったような私に
クイズ王チームを相手に早押し勝負は無理。
 

クイズ王チームがリーチをかけた時、
私達はまだ2点くらいしかポイントがなかったと思う。
いや、良く覚えていない。
1点だけだったかもしれないし、3点くらい取っていたかもしれない。

とにもかくにも「こりゃだめだ」と思っていたのだけど、
なんと、私達も4ポイント奪取、リーチまで漕ぎつけた!!



閑話休題、クイズ王チームと私達に挟まれた真ん中のチームは、
早押し問題第1問目でランプを付けるなど(誤答だったけど)、
かなり積極的で元気なチーム。
正解は「八潮市」の「八」を問う1問のみだったけど、
それは問題が読み切られ、
私達もクイズ王チームも咄嗟に指が動かなかった問題だったわ。
ああいう問題をサクッと持っていかなきゃダメよね・・・。



最終問題に正解し決勝進出を決めたのはクイズ王チーム
(すみません、チーム名は別にありますよね^^;)。

おめでとうございます!


●敗者復活(○×→三択→早押し)

あー、もう○×はね、
第1問目は「ご当地問題」と思って対策していたから
ご当地問題対策以外はあまり力を入れてなかったの。

しかも、三択クイズでかなり神経使ったから正直
敗者復活ではヒュ〜と魂が抜けていたわ。

それでも何問か進んで行くことが出来たのだけど、
勝ち抜けを決する最後の問題でヒュ〜と力付きたわ。


●帰り道

嬉しかったのは、タケ坊も、M野君も、

「まさか早押しまで行けるとは思わなかった、
早押しボタンを押せて楽しかった!
ワキヤさん有難う!!」

と、とても喜んでくれたこと。

こちらこそ、助けてもらったわ。有難う。

二人の笑顔を見て、寒い長瀞にいてもとても心が温かくなったのよ。


それにしても・・・。

「さいたまスタジアム2002」「所沢航空記念公園」での
予選に参加していたら
○×は抜けられなかったかも知れないわ。

2/17しか、日程が空いていないという養母さんのスケジュールに合わせて
「長瀞(宝登山神社)」に参加したからこそ、
私達は最難関である○×を通過することが出来たのだと思う。

「長瀞」予選は4人で参加したと思ってる。

養母さん、ありがとう。


ソニックシティでの決勝戦進出が決まっているNWAさんが
"長瀞予選は養母さんのお導きがあるでしょう"と言ってくれたけど、
本当にその通りになったと思うわ。




決勝戦へ進むには、
私達は埼玉県に対する知識が、愛が、まだまだ足りない。

(そもそも予選会場の「宝登山」なんて、読み方すら知らなかった。
私の埼玉県に対する無知さはタケ坊のお墨付き)

だけど・・・次回があったら、また出直したいと思うわ!!



主催者の皆様
スタッフの皆様
にゃんたぶう様
能勢様
参加者の皆様

お世話になりました、有難うございます!


さあ、決勝戦出場チームはお友達多し!
どちらさまのチームも頑張れ〜。





 













| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 09:49 | comments(0) | - |
『アフリカの星のボレロ』
恵子です。

今年の9月にお亡くなりになった歌手、アンディ・ウィリアム氏を偲び、
お気に入りに入れていた「モア」を久しぶりに聴いた。
『世界残酷物語』の主題曲だ。

そこで右に出る関連動画の中に、
40年前、子供のころによく聴いていた映画音楽が何曲かあり、
思わず懐かしくなり、それらも何曲かしばし時を忘れて聴き入った
(それが夜更かしの原因となるのよね〜イケナイイケナイ)。

聴き入ってしまった曲の一つ『アフリカの星のボレロ』は
私の忘れられない大好きな曲のひとつである。

しかし。
子供の頃によく聴いていた曲だから懐かしさも手伝って、
今さらながら聴いても大好きな曲なのか?

もしこの曲をこの歳で初めて聴いたとしたら、
さして印象にも残らない曲となっていたのか?

それはもう確かめようはない。

が、とにかく今の私にとっては
子供の頃の思い出でもある
『アフリカの星のボレロ』は特別な曲なのである。

この曲は、
両親が持っていた、映画音楽を集めたレコードに入っていた曲なので、
子供の頃はひたすらメロディーに耳を傾けるだけで、
元の映画(のストーリー)のことなど、考えたこともなかった。

しかし、先日40年ぶりにこの曲に再会したとき、懐かしさの他に
この曲が使われた映画は何だったのだろう?と、素朴な疑問がわいた。

今は便利な世の中になったもので、
ネットで検索すればすぐに答が出てくる。

答え。

第二次大戦のアフリカ戦線で"アフリカの星"と呼ばれた
ハンス・ヨアヒム・マルセイユの生涯を描いた
『撃墜王 アフリカの星』。1957年のドイツ映画だ。

私は心底、衝撃を受けた。

『アフリカの星のボレロ』は、甘く美しく、
決して手の届かない過ぎ去った昔の異国の風景を想いを馳せるときに感じる
もの悲しさを秘めた曲だ(私の個人的な感想ね)。

戦死しなかったらヒトラーから直々に勲章をもらっていたという
マルセイユの、
武勇伝の象徴である"アフリカの星"の異名・・・は、
有名な話なのかもしれないけど、

私にとっては初耳だったので
(だいたい、マルセイユという軍人さんの存在も知らなかった)、

アフリカの星のボレロ・・・は、
アフリカのどこかの国での恋人たちのロマンスの物語だと思っていた
(パリやローマじゃなくてアフリカだなんて意表を突くわね〜、
ますます素敵〜ってね。・・・今思うと呑気なもんだわ)。

しかもそれがピッタリくるロマンティックな音楽なのだもの。

ところがなんと、開けてびっくり、戦争映画の主題曲だった。
しかも、戦争中の恋愛ドラマ(それも少しはあるけど)ではなく、

敵を150機以上撃ち落とした"撃墜王"という物騒な(←平和な現代目線から)
人物の物語だ。

これには普段、何事にも動じない私もかなり驚き、動揺してしまった!
あの美しく甘く切ないメロディーの主人公が、"撃墜王"とは・・・。

『世界残酷物語』のテーマ曲「モア」は、子供の頃に曲を知ったときから、
たまたま映画の内容も知っていたので、
映画のタイトルと曲の美しさのギャップに驚くことはなかった。

いや、
ストーリーとテーマ曲にギャップのある作品なんていくらでもあるのだろう。
『元祖天才バカボン』の哀愁に満ち溢れたエンディング曲、私は好きだ。

しかし、アフリカの星・・・については
40年間の沈黙(?)を破っての衝撃のギャップだった・・・。
立ち直れない。


1957年公開『撃墜王 アフリカの星』は

監督も、
マルセイユ役の主演俳優も、
2012年の今、
すでに夜空の星になっている(それぞれ2000年/84歳・2007年/77歳)。

脚本家や他の出演者の方も、殆どの方がすでにこの世にいない。

しかし、マルセイユと恋に落ちる数学教師、
ブリギッテ役の女優さんは御存命だった(81歳)。

しかもこの方、
1970年代に女優を引退し、
その後は医師として活躍(ドクターXも真っ青?)。

さらに、
西ドイツの人気クイズ番組『Was bin ich?』のレギュラーとして出演し、
人気を集めたというエピソードも持つお方。


『撃墜王 アフリカの星』

YouTubeで白黒の映像を観たが、
映画の中でマルセイユ役の主演俳優も、ブリギッテ役の女優も、
若いのに実に大人びていて知的で美しい。
タバコを持つ指、ティーカップを持つ手、何もかもが絵になっている。

この俳優さん達、もうとっくに亡くなっているんだろうなあ、
と思って白黒の映像を観ていたが、
女優さんが御存命とは・・・感動。

(もし彼女がフェイスブックでもやっていたら
メッセージを送れてしまうの?!・・・私がドイツ語堪能だった場合)


マルセイユは私の父が生まれた1942年に戦死したが、
もし彼が生きていたら今月(12月)13日、93歳の誕生日を迎える。

戦争がなかったら、いや、彼があのような運命を辿らなかったら、
今年ももしかしたら
沢山の孫に囲まれての誕生日パーティーがあったかもしれない。
"平凡でもささやかな幸せ"
(そうとは限らない、という野暮な突っ込みはなしね)。

しかし現実は戦争という過酷な環境に翻弄され、
彼の22年という短い人生は終わった。

その非凡な実績のため有名人となり
(美形だったので、女性のファンも多かったという)、
生涯が映画化までされたマルセイユ。

22年しか生きていないのに生涯が映画になるって一体、
マルセイユってどんな人?そして映画の内容は・・・?。
不覚にも(?)興味を持ってしまった。

実は映画はYouTubeで全編観られるのだが、如何せん、字幕がない!!
その昔、
代々木にあるドイツ語の学校にちょこっと通っていたことのある私だけど(=^^=)、
残念ながら何を言っているのかまったくもってわからない(><)。


しかし・・・今は便利な世の中になったもので、

明日には『撃墜王 アフリカの星』のDVDが私の元に届く。
多分、字幕は付いているであろう。

私が『アフリカの星のボレロ』を聴いていた子供時代は40年ほど前。
そのまた30年前に

22歳の若さでアフリカの空の星となった彼の生きざまを、
しっかりと見届けたいと思う。





『アフリカの星のボレロ』

http://www.youtube.com/watch?v=hmyUNMRAJGs&NR=1&feature=endscreen

美しい俳優達のちょこっと映像つき
http://www.youtube.com/watch?v=gFudPo3MwHQ
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 22:55 | comments(0) | - |
話題の西沢泰生氏(ウルトラクイズ北米チャンピオン)の本
恵子です。

 「壁を超えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方」(アスコム)。

マイミクさんがチェックしていたので私も早速amazonで注文したんだけど、
何日たっても発送される気配がない。
(氷結1ケースならすぐに届くのに)。

昨日(注文してから1週間ほど経って)、amazonから「在庫切れ」の連絡が。
次の発送の機会まで待てない人はキャンセルを、ってことだったので
早速キャンセル。

で今日、脇屋御用達のエキナカの書店で購入しようと思ったわけ。

amazonで注文してから後、西沢氏の本がそのエキナカの書店の、
わかりやすい場所に何冊も並んでいたのは知っていたから。

しかし、今日、エキナカの書店に行ったら沢山並んでいたはずの西沢氏の本が並んでいない!

一瞬焦ったわ!

だけど、焦ったことをおくびにも出さず、
冷静に視線を巡らし、3秒後に少しだけ離れた場所に追いやられていた残り2冊を発見!
なんとか手に入れることが出来たわ。

まー!売れているのねぇ〜(少なくともamazonと、脇屋御用達のエキナカ書店では)。

それにしても、"あの"西沢さんの本でなかったら、まず手に取ることのない本だったわね。

だって私は、"壁を越えられない"と思ったことがなく、
超えられない壁は最初から超えようとしないせいか、

特にストレスを感じることもなく、悩み事もないから。

しかし、そんな私こそ、
読むべき本であるかもしれない。
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 21:42 | comments(2) | - |
ウルトラクイズの最終回から20年
 恵子です。

1992年11月12日。

(実質)最終回となった『第16回アメリカ横断ウルトラクイズ』で、
最後のウルトラチャンピオンとなった田中健一さんの雄姿がTVで放送されました。
(小倉くん情報)。

その2日後の1992年11月14日。

クイズサークル「グランドスラム」が
高田馬場の「清龍」で結成されました。


あれから20年。

2012年、敬老の日に

『グランドスラム成人式〜20周年ありがとうオープン〜』

が開催されました。

14歳から65歳までの111名(←15周年漂流記と同じ参加人数)に
ご参加頂きました。

オープン大会経験の少ない方から、
クイズ界のレジェンドの方まで。

参加してくださったみなさま、本当に有難うございました。

大会終了後、みなさまからの
「20周年おめでとうございます」
「本当に楽しめた」
「めちゃくちゃよかった」
「企画が秀逸」
「ありがとうございました」etc.

とのお言葉を頂くたびに

企画者であり司会も務めた ますだてくんや
問題選定・裏取りのTAKUMIくん、ふなつくん、
そして選定最大の功労者・西瀧くん、

問読みという大役にもかかわらず
当日スタッフのお弁当を買い出しに行ってくれた中野トオルさん、
難しい機器担当のUchidaくん、
無駄にこだわった小道具係の小倉くん、

エコノミークラス症候群(?)ばりにじっとその場を動かずに
カメラを回し続けてくれたKIDくん、
得点係のミスターXくん、
会計係として会場の外でひとり黙々と受付を守ってくれた関さん、

そんなスタッフのみなさまの苦労を思い起こして、
涙が出そうになるのを必死でこらえました。

(私の苦労といえば、当日履きなれないヒールの靴で四苦八苦しただけです)

参加者の佐々木康彦さんにも早押し機提供その他でご協力頂きました。
有難うございました。

大会終了後、メールをたくさん頂いております。有難うございます。
お返事は必ず致します!


ささやかな(?)脇屋のつぶやき。

●女性が11名も参加して下さったことも嬉しかったです。
普段、オープン大会に参加されない女性にも多くご参加頂き、
しかも楽しんで頂いた旨のメッセージや日記での感想を読ませて頂きました。
本当に有難うございます。

残念だったのはグランドスラムで知り合ってご結婚されたT夫妻。
「成人式」のことを知ったのが当日だったとのメッセージを頂きました。

●また「成人式」にはグランドスラムメンバーの紹介で、クイズとは関係ない
20代の男性(私の職場の人)と50代の女性(美人さんです)が見学にお見えになったのですが、
会場の雰囲気に圧倒され、お二人とも興奮しておられました。
お帰りになる際にも興奮冷めやらぬ風で、目をきらきらさせていらっしゃいました。

主婦である女性は3時間、時間を忘れて見入ってしまったとのこと。
男性も
「ポートレートストリーム 〜顔知識王決定戦〜」
「アントワネット 〜女帝決定戦〜」を
堪能してくれたようです。
翌日の職場でも、「面白かったです!」と満面の笑顔でした。

●「ダービーボーイズ 〜運大王決定戦」」は、
私がくじを引いて7名の出場者を選ぶという形式だったのだけど、
なんと、よりによって当日欠席の北川宣浩さんを引いてしまったり、
秋田さん、能勢さん、根岸潤さんと、
クイズ番組でおなじみの面々を次々と引いたりとびっくりの展開でした。
他にもクイズ界で活躍しているT君やI君IさんM君を引いてしまい、ブーブーと大顰蹙(?)でした。

●私も会場に出たり入ったりと忙しかったので、
まともに観ることが出来なかったROUNDがありました。

「ウルトラソウル 〜ウルトラチャンプ決定戦〜」
「ナナマルサンバツ 〜無冠の帝王決定戦、クイズ神決定戦〜」
「×〜BATTA〜バッタ  〜1×失格ルール王決定戦〜」
「The/man ザ・スラッシュマン 〜早押王決定戦〜」

についてはDVDで観戦したいと思います。


●Semifinal  knowledge ナレッジ

●Final WE GO! ウィーゴー!


ここまでたどり着いたのはたったの二人!


謎の決勝戦「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」とは?

大会を見守ってくださっていたみなさまには謎が解けたと思います!


そして長かった一日も終わります。


「成人式」優勝者は、

グランドスラムが結成された、
その2日前の放送でウルトラクイズ第16代チャンピオンとなった

田中健一さんでした。

おめでとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに田中健一さん、
本日9月20日がウルトラクイズNY決勝の収録から数えて
ちょうど20年とのことです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後、「一心精進」ではお知らせしていない
「成人式」各ROUNDの優勝者を発表いたします。
http://blog.goo.ne.jp/grandslam_2012
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 20:58 | - | - |
第四回カルトQまつり テーマ「ウルトラマンタロウ」
 恵子です。

本人〜たけし〜が参戦記を書く気が全くないようなので、私のほうから簡単にご報告ね。

●今日(5月27日)は元住吉の川崎市国際交流センターにて、
 
第四回カルトQまつりが開催され、タケ坊はテーマ「ウルトラマンタロウ」に参加。


★グランドスラムからは他に「合唱」・「落語」に参加したメンバーも
(いずれも<4位入賞>・<優勝>と好成績!)。



●「ウルトラマンタロウ」カルト始まり始まり〜


向かって左から、筆記の得点が高い順に並んでいます。↓↓↓
(敢えて予選通過順とは書かない笑)   
 
一番左がタケ坊。=堂々の?筆記1位!





●タケ坊が正解した映像問題の中から、2問だけ紹介(1問10点)。


===Q.このイラストを描いたのは?








A. 内山まもる



===Q.(問題が読まれる前にボタンを点ける)





A.「ひきょうもラッキョウもあるものか」




●その他、タケ坊が正解した読みあげ問題をいくつか (この辺りも1問10点)。

(録音などはしていなかったので、問題文はそのまんまではありません。
どこで押したかもうろ覚えですが・・・記憶を頼りに、ご参考までにスラッシュ入れておきます^^;)。


===Q.第19話で、バートンに敗れたタロウにウルトラの母/が授けたものとは?

===Q.東光太郎が居候する一家/の家族の名前を全員答えよ?

===Q.第42話の怪獣エレジア/

・・・ここで、筆記2位の方が「アンドロイド聖子」と誤答、
タケ坊、「'74国際モーターショー」。


その他の答えは順に

A.キングブレスレット
A.潔、健一、さおり


序盤〜中盤は1問10点、
終盤の「超カルト問題」は1問20点。

タケ坊は「超カルト」で2位の方に追いつかれては引き離し、また追いつかれては引き離し。
と、手に汗握る展開に!


●そして迎えた最終問題。

(正解すれば20点入るので)
2位の人がもし正解すれば追いつかれてしまい、
単独1位にはなれない!




すみません、私がこうして書いている今、
タケ坊が寝ちゃったのでどんな問題だったか今は再現できないけど
(後でわかったら記事は更新します)、

とにかくみなさん押していたけど正解が出ず。






結果、なんとか、逃げきったわぁぁぁぁ!!




優勝インタビュー





スタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。

有難うございます(と、タケ坊も感謝しております)。



それにしても今回はグランドスラムから
9テーマ中、ポールトゥウィンが2人も(「落語」・「ウルトラマンタロウ」)!

今回「合唱」で参加された
なかさきさんは、過去も合わせて3回目の予選突破!
(3回参加中、3回とも予選突破)

おめでとうございます!









| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 23:11 | comments(2) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
SEOシステム