アクセス解析
レンタル掲示板
たけしのクイズパンチ

たけしのクイズパンチ

付設 : 脇屋恵子の日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『アフリカの星のボレロ』
恵子です。

今年の9月にお亡くなりになった歌手、アンディ・ウィリアム氏を偲び、
お気に入りに入れていた「モア」を久しぶりに聴いた。
『世界残酷物語』の主題曲だ。

そこで右に出る関連動画の中に、
40年前、子供のころによく聴いていた映画音楽が何曲かあり、
思わず懐かしくなり、それらも何曲かしばし時を忘れて聴き入った
(それが夜更かしの原因となるのよね〜イケナイイケナイ)。

聴き入ってしまった曲の一つ『アフリカの星のボレロ』は
私の忘れられない大好きな曲のひとつである。

しかし。
子供の頃によく聴いていた曲だから懐かしさも手伝って、
今さらながら聴いても大好きな曲なのか?

もしこの曲をこの歳で初めて聴いたとしたら、
さして印象にも残らない曲となっていたのか?

それはもう確かめようはない。

が、とにかく今の私にとっては
子供の頃の思い出でもある
『アフリカの星のボレロ』は特別な曲なのである。

この曲は、
両親が持っていた、映画音楽を集めたレコードに入っていた曲なので、
子供の頃はひたすらメロディーに耳を傾けるだけで、
元の映画(のストーリー)のことなど、考えたこともなかった。

しかし、先日40年ぶりにこの曲に再会したとき、懐かしさの他に
この曲が使われた映画は何だったのだろう?と、素朴な疑問がわいた。

今は便利な世の中になったもので、
ネットで検索すればすぐに答が出てくる。

答え。

第二次大戦のアフリカ戦線で"アフリカの星"と呼ばれた
ハンス・ヨアヒム・マルセイユの生涯を描いた
『撃墜王 アフリカの星』。1957年のドイツ映画だ。

私は心底、衝撃を受けた。

『アフリカの星のボレロ』は、甘く美しく、
決して手の届かない過ぎ去った昔の異国の風景を想いを馳せるときに感じる
もの悲しさを秘めた曲だ(私の個人的な感想ね)。

戦死しなかったらヒトラーから直々に勲章をもらっていたという
マルセイユの、
武勇伝の象徴である"アフリカの星"の異名・・・は、
有名な話なのかもしれないけど、

私にとっては初耳だったので
(だいたい、マルセイユという軍人さんの存在も知らなかった)、

アフリカの星のボレロ・・・は、
アフリカのどこかの国での恋人たちのロマンスの物語だと思っていた
(パリやローマじゃなくてアフリカだなんて意表を突くわね〜、
ますます素敵〜ってね。・・・今思うと呑気なもんだわ)。

しかもそれがピッタリくるロマンティックな音楽なのだもの。

ところがなんと、開けてびっくり、戦争映画の主題曲だった。
しかも、戦争中の恋愛ドラマ(それも少しはあるけど)ではなく、

敵を150機以上撃ち落とした"撃墜王"という物騒な(←平和な現代目線から)
人物の物語だ。

これには普段、何事にも動じない私もかなり驚き、動揺してしまった!
あの美しく甘く切ないメロディーの主人公が、"撃墜王"とは・・・。

『世界残酷物語』のテーマ曲「モア」は、子供の頃に曲を知ったときから、
たまたま映画の内容も知っていたので、
映画のタイトルと曲の美しさのギャップに驚くことはなかった。

いや、
ストーリーとテーマ曲にギャップのある作品なんていくらでもあるのだろう。
『元祖天才バカボン』の哀愁に満ち溢れたエンディング曲、私は好きだ。

しかし、アフリカの星・・・については
40年間の沈黙(?)を破っての衝撃のギャップだった・・・。
立ち直れない。


1957年公開『撃墜王 アフリカの星』は

監督も、
マルセイユ役の主演俳優も、
2012年の今、
すでに夜空の星になっている(それぞれ2000年/84歳・2007年/77歳)。

脚本家や他の出演者の方も、殆どの方がすでにこの世にいない。

しかし、マルセイユと恋に落ちる数学教師、
ブリギッテ役の女優さんは御存命だった(81歳)。

しかもこの方、
1970年代に女優を引退し、
その後は医師として活躍(ドクターXも真っ青?)。

さらに、
西ドイツの人気クイズ番組『Was bin ich?』のレギュラーとして出演し、
人気を集めたというエピソードも持つお方。


『撃墜王 アフリカの星』

YouTubeで白黒の映像を観たが、
映画の中でマルセイユ役の主演俳優も、ブリギッテ役の女優も、
若いのに実に大人びていて知的で美しい。
タバコを持つ指、ティーカップを持つ手、何もかもが絵になっている。

この俳優さん達、もうとっくに亡くなっているんだろうなあ、
と思って白黒の映像を観ていたが、
女優さんが御存命とは・・・感動。

(もし彼女がフェイスブックでもやっていたら
メッセージを送れてしまうの?!・・・私がドイツ語堪能だった場合)


マルセイユは私の父が生まれた1942年に戦死したが、
もし彼が生きていたら今月(12月)13日、93歳の誕生日を迎える。

戦争がなかったら、いや、彼があのような運命を辿らなかったら、
今年ももしかしたら
沢山の孫に囲まれての誕生日パーティーがあったかもしれない。
"平凡でもささやかな幸せ"
(そうとは限らない、という野暮な突っ込みはなしね)。

しかし現実は戦争という過酷な環境に翻弄され、
彼の22年という短い人生は終わった。

その非凡な実績のため有名人となり
(美形だったので、女性のファンも多かったという)、
生涯が映画化までされたマルセイユ。

22年しか生きていないのに生涯が映画になるって一体、
マルセイユってどんな人?そして映画の内容は・・・?。
不覚にも(?)興味を持ってしまった。

実は映画はYouTubeで全編観られるのだが、如何せん、字幕がない!!
その昔、
代々木にあるドイツ語の学校にちょこっと通っていたことのある私だけど(=^^=)、
残念ながら何を言っているのかまったくもってわからない(><)。


しかし・・・今は便利な世の中になったもので、

明日には『撃墜王 アフリカの星』のDVDが私の元に届く。
多分、字幕は付いているであろう。

私が『アフリカの星のボレロ』を聴いていた子供時代は40年ほど前。
そのまた30年前に

22歳の若さでアフリカの空の星となった彼の生きざまを、
しっかりと見届けたいと思う。





『アフリカの星のボレロ』

http://www.youtube.com/watch?v=hmyUNMRAJGs&NR=1&feature=endscreen

美しい俳優達のちょこっと映像つき
http://www.youtube.com/watch?v=gFudPo3MwHQ
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 22:55 | comments(0) | - |
鳥取シネマ 西本信也監督 『落秋』
恵子です。

久しぶりにスクリーン登場するわよ。

なんと鳥取の映画館での話。

なぜ鳥取かというと、監督さんが鳥取出身なのよ。

http://www.tottoricinema.com/

↑この中で、私は『落秋』という映画にちょこっと出ているの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12/8(土)に『トットリノススメ』のファイナルイベントとして、
鳥取シネマで特別上映される、西本信也監督の
『落秋』のチケットを現在販売中です。

日時:2012年12月8日(土) 19:00 開場 / 20:00 開演
会場:鳥取シネマ
入場料:1,200円

※映画上映後、監督と出演者による
舞台挨拶&トークショーを予定しております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西本監督はTwitterで、
私の出演シーンのワンカット付きでつぶやいて下さっているのよ。
嬉しいやら恥ずかしいやら。

私は鳥取までは行けないけど、映画の成功、祈りたいと思うわ! 
 
| 小倉 剛(おぐらたけし) | - | 00:31 | comments(0) | - |
石川進さん、ありがとう

昭和のテレビアニメ「オバケのQ太郎」「ど根性ガエル」の主題歌といえば僕らの世代では誰でも一度は聴いたことがある(というかソラで歌える、と思う)有名な曲です。
その主題歌を歌った、その愛くるしい笑顔が印象的な「キューピー」こと石川進さんが天国に逝かれました。とても残念でなりません。


「長靴をはいた猫」
石川さんといえばこれ。






「ウルトラQ」第10話「地底超特急西へ」
ウルトラマンでは当初イデ隊員役に決まっていたとか(多忙のため降板)石川さんのイデ隊員も見てみたかったです。




「オバケのQ太郎」
昭和41年当時の日曜日はTBS「ウルトラQ」とダブルQで大人気でした。




「パーマン」
オバQから始まる不二家の藤子アニメ全盛期、石川進さんの歌声は欠かせませんでした。




「怪物くん」
「怪物くん音頭」はあの淀川長治氏のナレーションでも有名です。


「ウメ星デンカ」
スッパンパラパンスッパンパンという歌詞が印象的です。大好きな曲です。


「ど根性ガエル」
石川進さんの代表曲といってもいい曲。僕らの世代なら誰でも歌える曲です。
う〜ん、この頃のアニメ主題歌、いやテレビまんが主題歌は本当にいいです。




「小さなスーパーマン ガンバロン」
後期は番組解説で出演していましたね。いまこういうシチュエーションの番組ないですね。
石川氏の歌う挿入歌「ごくろうさん」は名曲です。





たくさんの素晴らしい歌をありがとうございました。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

| 小倉 剛(おぐらたけし) | アニメ | 23:15 | comments(1) | - |
話題の西沢泰生氏(ウルトラクイズ北米チャンピオン)の本
恵子です。

 「壁を超えられないときに教えてくれる一流の人のすごい考え方」(アスコム)。

マイミクさんがチェックしていたので私も早速amazonで注文したんだけど、
何日たっても発送される気配がない。
(氷結1ケースならすぐに届くのに)。

昨日(注文してから1週間ほど経って)、amazonから「在庫切れ」の連絡が。
次の発送の機会まで待てない人はキャンセルを、ってことだったので
早速キャンセル。

で今日、脇屋御用達のエキナカの書店で購入しようと思ったわけ。

amazonで注文してから後、西沢氏の本がそのエキナカの書店の、
わかりやすい場所に何冊も並んでいたのは知っていたから。

しかし、今日、エキナカの書店に行ったら沢山並んでいたはずの西沢氏の本が並んでいない!

一瞬焦ったわ!

だけど、焦ったことをおくびにも出さず、
冷静に視線を巡らし、3秒後に少しだけ離れた場所に追いやられていた残り2冊を発見!
なんとか手に入れることが出来たわ。

まー!売れているのねぇ〜(少なくともamazonと、脇屋御用達のエキナカ書店では)。

それにしても、"あの"西沢さんの本でなかったら、まず手に取ることのない本だったわね。

だって私は、"壁を越えられない"と思ったことがなく、
超えられない壁は最初から超えようとしないせいか、

特にストレスを感じることもなく、悩み事もないから。

しかし、そんな私こそ、
読むべき本であるかもしれない。
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 21:42 | comments(2) | - |
ウルトラクイズの最終回から20年
 恵子です。

1992年11月12日。

(実質)最終回となった『第16回アメリカ横断ウルトラクイズ』で、
最後のウルトラチャンピオンとなった田中健一さんの雄姿がTVで放送されました。
(小倉くん情報)。

その2日後の1992年11月14日。

クイズサークル「グランドスラム」が
高田馬場の「清龍」で結成されました。


あれから20年。

2012年、敬老の日に

『グランドスラム成人式〜20周年ありがとうオープン〜』

が開催されました。

14歳から65歳までの111名(←15周年漂流記と同じ参加人数)に
ご参加頂きました。

オープン大会経験の少ない方から、
クイズ界のレジェンドの方まで。

参加してくださったみなさま、本当に有難うございました。

大会終了後、みなさまからの
「20周年おめでとうございます」
「本当に楽しめた」
「めちゃくちゃよかった」
「企画が秀逸」
「ありがとうございました」etc.

とのお言葉を頂くたびに

企画者であり司会も務めた ますだてくんや
問題選定・裏取りのTAKUMIくん、ふなつくん、
そして選定最大の功労者・西瀧くん、

問読みという大役にもかかわらず
当日スタッフのお弁当を買い出しに行ってくれた中野トオルさん、
難しい機器担当のUchidaくん、
無駄にこだわった小道具係の小倉くん、

エコノミークラス症候群(?)ばりにじっとその場を動かずに
カメラを回し続けてくれたKIDくん、
得点係のミスターXくん、
会計係として会場の外でひとり黙々と受付を守ってくれた関さん、

そんなスタッフのみなさまの苦労を思い起こして、
涙が出そうになるのを必死でこらえました。

(私の苦労といえば、当日履きなれないヒールの靴で四苦八苦しただけです)

参加者の佐々木康彦さんにも早押し機提供その他でご協力頂きました。
有難うございました。

大会終了後、メールをたくさん頂いております。有難うございます。
お返事は必ず致します!


ささやかな(?)脇屋のつぶやき。

●女性が11名も参加して下さったことも嬉しかったです。
普段、オープン大会に参加されない女性にも多くご参加頂き、
しかも楽しんで頂いた旨のメッセージや日記での感想を読ませて頂きました。
本当に有難うございます。

残念だったのはグランドスラムで知り合ってご結婚されたT夫妻。
「成人式」のことを知ったのが当日だったとのメッセージを頂きました。

●また「成人式」にはグランドスラムメンバーの紹介で、クイズとは関係ない
20代の男性(私の職場の人)と50代の女性(美人さんです)が見学にお見えになったのですが、
会場の雰囲気に圧倒され、お二人とも興奮しておられました。
お帰りになる際にも興奮冷めやらぬ風で、目をきらきらさせていらっしゃいました。

主婦である女性は3時間、時間を忘れて見入ってしまったとのこと。
男性も
「ポートレートストリーム 〜顔知識王決定戦〜」
「アントワネット 〜女帝決定戦〜」を
堪能してくれたようです。
翌日の職場でも、「面白かったです!」と満面の笑顔でした。

●「ダービーボーイズ 〜運大王決定戦」」は、
私がくじを引いて7名の出場者を選ぶという形式だったのだけど、
なんと、よりによって当日欠席の北川宣浩さんを引いてしまったり、
秋田さん、能勢さん、根岸潤さんと、
クイズ番組でおなじみの面々を次々と引いたりとびっくりの展開でした。
他にもクイズ界で活躍しているT君やI君IさんM君を引いてしまい、ブーブーと大顰蹙(?)でした。

●私も会場に出たり入ったりと忙しかったので、
まともに観ることが出来なかったROUNDがありました。

「ウルトラソウル 〜ウルトラチャンプ決定戦〜」
「ナナマルサンバツ 〜無冠の帝王決定戦、クイズ神決定戦〜」
「×〜BATTA〜バッタ  〜1×失格ルール王決定戦〜」
「The/man ザ・スラッシュマン 〜早押王決定戦〜」

についてはDVDで観戦したいと思います。


●Semifinal  knowledge ナレッジ

●Final WE GO! ウィーゴー!


ここまでたどり着いたのはたったの二人!


謎の決勝戦「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」とは?

大会を見守ってくださっていたみなさまには謎が解けたと思います!


そして長かった一日も終わります。


「成人式」優勝者は、

グランドスラムが結成された、
その2日前の放送でウルトラクイズ第16代チャンピオンとなった

田中健一さんでした。

おめでとうございます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに田中健一さん、
本日9月20日がウルトラクイズNY決勝の収録から数えて
ちょうど20年とのことです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この後、「一心精進」ではお知らせしていない
「成人式」各ROUNDの優勝者を発表いたします。
http://blog.goo.ne.jp/grandslam_2012
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 20:58 | - | - |
「ちい散歩」〜追悼・地井武男さん




「ちい散歩」は僕の一日の清涼剤でした。
疲れた時やイヤなことがあって精神的に落ち込んでいたときにこの番組を見るとなぜかホッとしたものです。

「芸能人が来てやった」感がまるでなく、自然にその土地の人々に溶け込んでらっしゃいました。本当に楽しそうに散歩をしてる姿が印象的でしたね。


僕が心に残る回がこの2つです。


向島散歩「チンドン屋」

菊乃家〆丸さん



「世の中は 浮きも沈みも苦も楽も 心の舟の梶(かじ)のとりよう」

菊乃家〆丸さんの好きな口上です。
この言葉を思い出すたび勇気をもらいます。


+新橋散歩「靴みがき」

沢村チヅさん


 


91歳になられた今でも新橋のガード下で靴磨きをされているおばあちゃまです。
若い時に夫を亡くし、靴磨きの仕事を始め女手ひとつで子供を育て上げられました。
子供が学校で「お前の母ちゃん靴磨きだろう」と馬鹿にされ、泣いて帰ってきたことがあったといいます。
その時チヅさんは「きちんと許可もらって靴磨きしてるんだから何も恥ずかしいことはないよ。」と子供を説得したといいます。
子供はその言葉に納得し泣くことはなくなりましたが、チヅさんは子供が寝静まった頃に子供が可哀そうで布団の中でオイオイ泣いたと言います。

そのころの苦しかった思い出をにこやかに話される姿が胸を打ちました。


地井さん、やっぱり散歩番組は地井さんじゃなければダメです。
若大将ではダメです。
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 雑記 | 22:53 | comments(0) | - |
「電撃!!ストラダ5」〜追悼・地井武男さん
僕の大好きな俳優、地井武男さんがお亡くなりになりました。
まだ70歳。若い、若すぎる。
もっと「ちい散歩」でいろいろな土地を散歩してほしかったです。
「代官山」とかお洒落な街ばかりでなしに。

あらゆる追悼番組を観ましたが、どこも(テレビ朝日でさえ)「電撃!ストラダ5」については触れてなかったのでこちらで紹介したいと思います。


日活の戦隊ヒーローといえばこれ。

「電撃!!ストラダ5」(1974年)


「ストラダ5」のメンバー、ストラダ2のオリオン役を熱演。


 

左端は仮面ライダーアマゾン役を演じた岡崎徹。
かたことの言葉でなしに流暢な日本語を話されてます(当たり前だ)。





謹んでご冥福をお祈りいたします。
| 小倉 剛(おぐらたけし) | 特撮 | 21:25 | comments(3) | - |
第四回カルトQまつり テーマ「ウルトラマンタロウ」
 恵子です。

本人〜たけし〜が参戦記を書く気が全くないようなので、私のほうから簡単にご報告ね。

●今日(5月27日)は元住吉の川崎市国際交流センターにて、
 
第四回カルトQまつりが開催され、タケ坊はテーマ「ウルトラマンタロウ」に参加。


★グランドスラムからは他に「合唱」・「落語」に参加したメンバーも
(いずれも<4位入賞>・<優勝>と好成績!)。



●「ウルトラマンタロウ」カルト始まり始まり〜


向かって左から、筆記の得点が高い順に並んでいます。↓↓↓
(敢えて予選通過順とは書かない笑)   
 
一番左がタケ坊。=堂々の?筆記1位!





●タケ坊が正解した映像問題の中から、2問だけ紹介(1問10点)。


===Q.このイラストを描いたのは?








A. 内山まもる



===Q.(問題が読まれる前にボタンを点ける)





A.「ひきょうもラッキョウもあるものか」




●その他、タケ坊が正解した読みあげ問題をいくつか (この辺りも1問10点)。

(録音などはしていなかったので、問題文はそのまんまではありません。
どこで押したかもうろ覚えですが・・・記憶を頼りに、ご参考までにスラッシュ入れておきます^^;)。


===Q.第19話で、バートンに敗れたタロウにウルトラの母/が授けたものとは?

===Q.東光太郎が居候する一家/の家族の名前を全員答えよ?

===Q.第42話の怪獣エレジア/

・・・ここで、筆記2位の方が「アンドロイド聖子」と誤答、
タケ坊、「'74国際モーターショー」。


その他の答えは順に

A.キングブレスレット
A.潔、健一、さおり


序盤〜中盤は1問10点、
終盤の「超カルト問題」は1問20点。

タケ坊は「超カルト」で2位の方に追いつかれては引き離し、また追いつかれては引き離し。
と、手に汗握る展開に!


●そして迎えた最終問題。

(正解すれば20点入るので)
2位の人がもし正解すれば追いつかれてしまい、
単独1位にはなれない!




すみません、私がこうして書いている今、
タケ坊が寝ちゃったのでどんな問題だったか今は再現できないけど
(後でわかったら記事は更新します)、

とにかくみなさん押していたけど正解が出ず。






結果、なんとか、逃げきったわぁぁぁぁ!!




優勝インタビュー





スタッフの皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。

有難うございます(と、タケ坊も感謝しております)。



それにしても今回はグランドスラムから
9テーマ中、ポールトゥウィンが2人も(「落語」・「ウルトラマンタロウ」)!

今回「合唱」で参加された
なかさきさんは、過去も合わせて3回目の予選突破!
(3回参加中、3回とも予選突破)

おめでとうございます!









| 小倉 剛(おぐらたけし) | 恵子 | 23:11 | comments(2) | - |
「空手バカ一代」後期作者、影丸穣也死去
漫画家、影丸穣也死去

http://www.asahi.com/obituaries/update/0508/TKY201205080485.html?ref=rss4&ref=other

つのだじろうの後を受けたこの「空手バカ一代」や、「怪奇大作戦」などの漫画も描いておられましたね。

どれもこれも同じ顔の男気ゼロの萌えアニメ全盛の今こそ、この漫画、アニメを見ていただきたい。

男だったらこれを見るべし。

「みにくい利口になるよりも、きれいなバカで生きてやる。」













 
 
小さい頃、このビール瓶割りやロウソク火消しの技を真剣にマネしようとしてました。


謹んでご冥福をお祈りします。
| 小倉 剛(おぐらたけし) | アニメ | 22:22 | comments(1) | - |
仮面ライダーストロンガー、荒木しげる氏死去

 仮面ライダーストロンガー城茂、超神ビビューン月村圭役で知られる俳優、荒木しげるさんが63歳の若さで亡くなられました…







一昨年、中野サンプラザでのイベントで実際にお会いしたときは、お痩せになってはいたものの、
とってもお元気そうに番組収録当時のエピソードを熱く語っておられたのに。







この時書いていただいた直筆サインは宝物にします。




僕が仮面ライダーシリーズをリアルタイムで観ていたのがストロンガーの頃からで、ストロンガーの絵がついたお茶碗でごはんを食べていた思い出があります。

仮面ライダーストロンガー(1975)











超神ビビューン(1976)











謹んでご冥福をお祈りいたします。

電波人間タックル岬ユリ子、ライダーマン結城丈二に続き、ストロンガーまでも。昭和ライダー世代には淋しいかぎりです。

| 小倉 剛(おぐらたけし) | 特撮 | 20:48 | comments(2) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
SEOシステム